交通事故後遺障害・異議申立てなら北海道札幌市のヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

交通事故後遺障害手続き・異議申立 ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

0800-800-5245

解決します!

トップページ > 交通事故の疑問 > 後遺障害と等級認定 > 後遺症の等級認定を受けるには

交通事故後遺症の認定結果について妥当かどうかご不安のある方へ

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西11丁目4番地21
52山京ビル702号室

  • TEL:011-522-7772
  • FAX:011-522-7773

お急ぎの無料メール相談はこちら

【対応エリア】
北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道限定での対応となります。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

内容(必須)

弊所から2営業日以内に返信がない場合、お送りしたメールがお客様に届いていない可能性がありますのでご遠慮なくお電話でお問い合わせ下さい。
0800-800-5245
(月~土9:00~18:00)

  • 専門家推薦の声
  • 交通事故の疑問
  • 提携行政書士募集
  • 行政書士 太田 満の業務日誌
  • Twitter

後遺症の等級認定を受けるには

自賠責保険において、後遺症の等級認定を受けるには、下記の三つの方法があります。

【1】事前認定

これは加害者側の保険会社(一括社)に手続きをしてもらう方法です。
一括社は、後遺障害診断書や画像などの資料を公法人である損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所に書類を提出し、等級認定を求めます。等級が決まると一括社は賠償額の提示のご案内をし、示談が成立すると賠償金が支払われます(※)。

メリット
  1. 手間がかかりません。
デメリット
  1. 被害者の立証責任をうまく果たせないところです。
  2. 交通事故の被害者は、損害賠償を請求する権利を持っていると同時に損害を立証する責任もあります。後遺症がどれだけ重いかを立証することについても同様です。反対に、加害者側は、被害者の後遺症がどれだけ重いかを立証する義務はありません。このため事前認定だと、被害者の後遺症を後遺障害等級として評価する際の資料が不足し、認定機関が症状の実態を把握できず、実際よりも低い評価になることもありえます。
  3. 実務においては、必要な検査資料が出されずに、認定申請が行われていることが数多くあります。

※農協などの自賠責共済の場合は、等級についての判断は共済自身が行います。

【2】被害者請求(自動車損害賠償保障法第16条請求)

被害者自身で行う方法です。この場合、被害者は、自ら書類等を整えます。
そして、整った資料などを、加害者の「自賠責保険会社」に提出します。その後自賠責保険会社から、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所に書類が回り等級が決まると、自賠責保険会社に書類が戻り、被害者は通知を受けます(※)。

メリット
  1. 手続きの透明性が高い。
  2. 提出書類や資料について自ら検討できる。
  3. 等級認定がされると、示談をする前に自賠責部分の賠償額が先に支払われる。
デメリット
  1. 手間がかかります。

※農協などの自賠責共済の場合は、等級についての判断は共済自身が行います。

【3】被害者請求を専門家に依頼する方法

(自動車損害賠償保障法第16条請求・受任請求)

自動車損害賠償保障法の各種手続きを、業務として受任可能な法的資格者は、弁護士と行政書士のみです。
ただ、弁護士・行政書士のいずれの資格者も、業務の範囲が広範で多岐にわたりますので、自賠責保険の請求手続きや後遺障害等級の認定実務に精通している資格者に依頼することをおすすめします。

メリット
  1. 手間がかからない。
  2. ポイントが絞られ、的を射た立証資料が提出できる。
  3. 手続きの透明性が高い。
  4. 提出書類や資料について専門家とともに検討できる。
  5. 等級が認定がされると、示談前に自賠責部分の賠償額が先に支払われる。
デメリット
  1. 費用がかかります。手続きを依頼される前に、
    まずは相談またはお見積もりをされることをおすすめします。

関連キーワード

その他の『後遺障害と等級認定』に関する交通事故の疑問

料金案内

料金案内 はじめての来所相談、
出張相談は無料
です。

実績紹介

実績紹介 ご依頼いただいた被害者さまのうち、55%以上の方が後遺障害等級に認定されています。

まずは知ってください、後遺障害のこと。

電話相談・メール相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
【北海道の方限定での対応となります】

相談予約フォーム

交通事故後遺障害・異議申立て解決事例

2019年02月12日
頚背部痛、手指しびれ、めまい 異議申立てで非該当から併合14級認定

部位頚部・両手症状痛みやしびれ、めまい

2018年12月26日
右手首の痛み、可動域制限 異議申立てで12級から10級に変更

部位手関節症状痛みや可動域制限

2018年11月08日
腰痛、左足のしびれ、左膝痛 被害者請求で併合14級認定

部位腰・左膝症状痛みやしびれ

2018年08月08日
首や背中、腰の痛み 異議申立てで併合14級認定

部位頚部・背部・腰部症状首や背中、腰の痛み

2018年05月31日
被害者請求で後遺障害等級14級に認定。決め手は医療調査!

部位頚部・腰部・右下肢症状首・腰の痛み・右足のしびれ

お客様の声

自賠責セミナー・交通事故後遺障害相談会開催のお知らせ

交通事故後の手続きを相手方(保険会社)任せにしていませんか?心当たりのある方はこのページを参照してください。

お問い合わせ

■電話相談・メール相談は何度でも無料。

■無料来所相談後、すぐにご契約いただく必要はありません。十分検討してからご依頼ください。

■弁護士費用特約が付いてなく他事務所に断れた方でも納得の事故解決をご提案致します。

【対応エリア】

北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、
函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道限定での対応となります。

アクセスマップ

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所は、東京のヨネツボ行政書士法人のパートナー事務所です。
ヨネツボ行政書士法人からは独立・自営です。