交通事故後遺障害・異議申立てなら北海道札幌市のヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

交通事故後遺障害手続き・異議申立 ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

011-522-7772

トップページ > 交通事故の疑問 > よくある質問

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西11丁目4番地21
52山京ビル702号室

  • TEL:011-522-7772
  • FAX:011-522-7773
  • 交通事故の疑問
交通事故後遺症の認定結果について妥当かどうかご不安のある方へ

よくある質問

2012年09月12日

いつ、どのようなタイミングで相談したら良いですか?

Q.交通事故に遭いました。いつ、どのようなタイミングで相談したら良いですか? A.どんなタイミングでも構いません。自賠責保険の手続きは交通事故と密接な関係にあります。被害者さまが困っている時が相

いつ、どのようなタイミングで相談したら良いですか?の続きを読む

2012年08月03日

治療費の打ち切りについて

Q.5ヶ月前に交通事故に遭いました。通院を続けておりましたが、突然、加害者側の保険会社から「治療費は今月末で終了です。」と言われています。症状が残っているのに治療を続けることはできないのでしょうか?

治療費の打ち切りについての続きを読む

2012年08月02日

後遺障害の認定はされますか?

Q.交通事故の後遺症が残り、相手方保険会社に後遺症の手続きをお願いした結果が書面で通知されました。内容はよく分かりませんが「後遺障害には当たらない」との結果です。保険会社からは異議申立ても出来るが難し

後遺障害の認定はされますか?の続きを読む

2012年07月31日

症状が残っているのに示談?

Q.相手方保険会社から「今月で事故から6ヶ月ですから治療は終了です。計算書を送りますので問題なければ署名捺印して送って下さい。」と言われています。痛みやしびれが残っているのにこれで終わりなんですか?

症状が残っているのに示談?の続きを読む

2012年02月26日

行政書士と弁護士との違いについて

Q.行政書士と弁護士との違いはなんですか? A.行政書士と弁護士の決定的な違いは「相手方と交渉を行えるかどうか」です。行政書士は相手方と交渉することは一切できません。そのため、弊所では自賠責保険

行政書士と弁護士との違いについての続きを読む

まずは知ってください、後遺障害のこと。

電話相談・メール相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
【北海道の方限定での対応となります】

無料メール相談

交通事故後遺障害・異議申立て認定事例

2021年03月19日
歯突起骨折後の癒合不全で11級・リスフラン関節脱臼骨折後の足趾可動域制限で12級

部位首・足部・足の親指症状痛みや可動域制限

2020年12月23日
2度の交通事故で腰を痛めた~後遺障害等級14級9号~

部位腰部・下肢等症状痛み・しびれ

2020年09月17日
頚椎捻挫後のMRIでC4/5右寄りのヘルニア~異議申立てで14級認定~

部位頚部、両肩、右上肢症状痛みやしびれ、脱力

2020年08月14日
脊柱・鎖骨の変形・肩関節の可動域制限で併合10級認定

部位左鎖骨・胸椎・左肩関節症状頚部痛、背部痛、左肩関節痛・可動域制限

2020年06月18日
膝部打撲傷による膝関節の痛みで14級9号認定

部位膝関節症状痛み・力が抜ける感覚

お客様の声

後遺障害相談会開催のお知らせ

交通事故後の手続きを相手方(保険会社)任せにしていませんか?心当たりのある方はこのページを参照してください。

お問い合わせ

■来所相談・電話相談は何度でも無料。

■ご相談後、すぐにご契約いただく必要はありません。十分検討してからご依頼ください。

【対応エリア】

北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、
函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道限定での対応となります。

アクセスマップ