fv 逸失利益の計算方法 | 交通事故後遺障害なら札幌市のヨネツボ北海道行政書士事務所

交通事故後遺障害・異議申立てなら北海道札幌市のヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

交通事故後遺障害手続き・異議申立 ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

011-522-7772

トップページ > 交通事故の疑問 > 交通事故の後遺症 > 逸失利益の計算方法

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西11丁目4番地21
52山京ビル702号室

  • TEL:011-522-7772
  • FAX:011-522-7773
  • 交通事故の疑問
交通事故後遺症の認定結果について妥当かどうかご不安のある方へ

逸失利益の計算方法

逸失利益は、「基礎収入」×「労働能力喪失率」×「喪失期間に対応する係数」で計算されます。

そして「基礎収入」とは、原則、事故の前年の収入。(幼児や18歳未満の学生、家事従事者、高齢者は『賃金センサス』の全年齢平均賃金など。)
「労働能力喪失率」とは、減収の割合のことで事故前を0%とします。この労働能力喪失率は、下記の後遺障害等級表のとおり後遺障害の等級ごとに一応決められております。
「労働能力期間」とは、就労可能年齢を67歳とし、そこから被害者の症状固定時の年齢を差し引いた期間のことで、「労働能力喪失期間に対応する係数」とは、将来にわたる損害を現時点で請求するため、中間利息(年5%)を控除する係数のことです。

関連キーワード

その他の『交通事故の後遺症』に関する交通事故の疑問

まずは知ってください、後遺障害のこと。

電話相談・メール相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
【北海道の方限定での対応となります】

無料メール相談

交通事故後遺障害・異議申立て認定事例

2021年03月19日
歯突起骨折後の癒合不全で11級・リスフラン関節脱臼骨折後の足趾可動域制限で12級

部位首・足部・足の親指症状痛みや可動域制限

2020年12月23日
2度の交通事故で腰を痛めた~後遺障害等級14級9号~

部位腰部・下肢等症状痛み・しびれ

2020年09月17日
頚椎捻挫後のMRIでC4/5右寄りのヘルニア~異議申立てで14級認定~

部位頚部、両肩、右上肢症状痛みやしびれ、脱力

2020年08月14日
脊柱・鎖骨の変形・肩関節の可動域制限で併合10級認定

部位左鎖骨・胸椎・左肩関節症状頚部痛、背部痛、左肩関節痛・可動域制限

2020年06月18日
膝部打撲傷による膝関節の痛みで14級9号認定

部位膝関節症状痛み・力が抜ける感覚

お客様の声

後遺障害相談会開催のお知らせ

交通事故後の手続きを相手方(保険会社)任せにしていませんか?心当たりのある方はこのページを参照してください。

お問い合わせ

■来所相談・電話相談は何度でも無料。

■ご相談後、すぐにご契約いただく必要はありません。十分検討してからご依頼ください。

【対応エリア】

北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、
函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道限定での対応となります。

アクセスマップ