交通事故後遺障害・異議申立てなら北海道札幌市のヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

交通事故後遺障害手続き・異議申立 ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

011-522-7772

解決します!

トップページ > 解決事例 > 心停止後の脳梗塞による高次脳機能障害 被害者請求で2級1号に認定

交通事故後遺症の認定結果について妥当かどうかご不安のある方へ

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西11丁目4番地21
52山京ビル702号室

  • TEL:011-522-7772
  • FAX:011-522-7773

お急ぎの無料メール相談はこちら

【対応エリア】
北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道限定での対応となります。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

内容(必須)

弊所から2営業日以内に返信がない場合、お送りしたメールがお客様に届いていない可能性がありますのでご遠慮なくお電話でお問い合わせ下さい。
011-522-7772
(平日9:00~18:00)

  • 専門家推薦の声
  • 交通事故の疑問
  • 提携行政書士募集
  • 行政書士 太田 満の業務日誌

心停止後の脳梗塞による高次脳機能障害 被害者請求で2級1号に認定

部位頭部・膝関節・足関節症状高次脳機能障害・下肢の可動域制限や痛み

札幌市在住 女性(平成27年2月事故)

犬の散歩中にはねられた事故

散歩中に自動車にはねられた事故で「両下腿骨折」等と診断される。下腿の創外固定術を受けた後、心停止による脳梗塞を発症。ご家族より被害者さまの様子が事故前と大きく違うことから、ご相談を受けました。当時、下腿骨の癒合や皮膚の挫滅など症状が安定しない状態でしたが、認知機能の低下などの症状も認められたため、複数の後遺症が残ることが考えられました。

後遺症ごとに医療調査をおこなう

両下腿骨折に伴う痛みや可動域制限、脳梗塞による認知機能の低下などの症状を明らかにするため、診療科ごとに病院へ同行し医師と面談を行ったうえで、認定基準上、必要な検査を実施してもらいました。そして、その検査結果をふまえた意見書を医師に作成してもらい被害者請求をおこないました。

被害者請求により後遺障害等級2級1号認定

被害者請求してから約3ヶ月後、脳梗塞による高次脳機能障害について、交通事故との因果関係が認められ、その障害の程度から「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」として別表第一第2級1号に認められました。また、あわせて下腿の可動域制限や痛みの症状なども後遺障害等級として認められました。被害者さまやご家族は後遺症の実態ごとに適正に等級認定されたことに安心されたご様子でした。

関連情報

後遺障害等級認定のポイント

今回の被害者さまのように交通事故で多くの部位を受傷された場合、残ってしまう後遺症が多岐に渡ることが想定できます。このようなケースでは、すべての後遺症の実態を漏れなく書面化して後遺障害等級認定手続きをおこなわなければなりません。 後遺症が残っていても、そのことが診断書等に記載されず、その症状の原因となる他覚的所見等の記載も漏れてしまえば適切に後遺障害等級認定手続きをしたことにはなりません。 ヨネツボがおこなう後遺障害等級認定手続きでは症状ごとに必要な医学的資料を医師に作成してもらい、後遺症を立証する資料を整えてから「被害者請求」をおこないます。被害者さまの事故状況や治療内容などによって後遺症ごとに立証する内容が変わるため、被害者さまだけで申請することが難しいのが実情です。 だからこそ、「被害者請求」をおこなう専門家に早めに相談して、過不足のない資料を整えることをお勧めします。被害者自身が納得のいく申請をするためにはとても重要なポイントです。

後遺症の手続きを「事前認定」にしていませんか?「事前認定」とは、相手方保険会社に任せてしまう手続きのことです。相手方に後遺症を立証する義務はありません。納得のいく後遺症認定をお望みなら、ご自身の手で後遺症を明らかにしませんか?

その他の解決事例

2019年05月23日
眼球破裂後の視力低下 異議申立てで非該当から第8級に認定

部位症状視力低下

2019年02月12日
頚背部痛、手指しびれ、めまい 異議申立てで非該当から併合14級認定

部位頚部・両手症状痛みやしびれ、めまい

2018年12月26日
右手首の痛み、可動域制限 異議申立てで12級から10級に変更

部位手関節症状痛みや可動域制限

2018年11月08日
腰痛、左足のしびれ、左膝痛 被害者請求で併合14級認定

部位腰・左膝症状痛みやしびれ

2018年08月08日
首や背中、腰の痛み 異議申立てで併合14級認定

部位頚部・背部・腰部症状首や背中、腰の痛み

まずは知ってください、後遺障害のこと。

電話相談・メール相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
【北海道の方限定での対応となります】

相談予約フォーム

交通事故後遺障害・異議申立て解決事例

2019年05月23日
眼球破裂後の視力低下 異議申立てで非該当から第8級に認定

部位症状視力低下

2019年02月12日
頚背部痛、手指しびれ、めまい 異議申立てで非該当から併合14級認定

部位頚部・両手症状痛みやしびれ、めまい

2018年12月26日
右手首の痛み、可動域制限 異議申立てで12級から10級に変更

部位手関節症状痛みや可動域制限

2018年11月08日
腰痛、左足のしびれ、左膝痛 被害者請求で併合14級認定

部位腰・左膝症状痛みやしびれ

2018年08月08日
首や背中、腰の痛み 異議申立てで併合14級認定

部位頚部・背部・腰部症状首や背中、腰の痛み

お客様の声

自賠責セミナー・交通事故後遺障害相談会開催のお知らせ

交通事故後の手続きを相手方(保険会社)任せにしていませんか?心当たりのある方はこのページを参照してください。

お問い合わせ

■来所相談・電話相談は何度でも無料。

■ご相談後、すぐにご契約いただく必要はありません。十分検討してからご依頼ください。

【対応エリア】

北海道の札幌市、小樽市、江別市、岩見沢市、千歳市、恵庭市、石狩市、北広島市、旭川市、
函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、北見市など北海道限定での対応となります。

アクセスマップ

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所は、東京のヨネツボ行政書士法人のパートナー事務所です。
ヨネツボ行政書士法人からは独立・自営です。